絵に描いたような・・・

c0125087_23395100.jpg
この地の時間は流れているのだろうか。

と思うほど、ゆっくりとしたまち。


メコン川の水の流れ。

まちをいく人の流れ。

太陽が落ちるとき。


首都なのに長閑。

レンタル自転車を借りて

のんびりブラブラ歩いたまち。

夕日が綺麗に見えるスポットを地道に探したまち。
ビエンチャン,ラオス
[PR]
# by lexuoli | 2008-04-17 23:52 | まち

sora・・・

c0125087_1224320.jpg
輝き照らす日光の後ろに広がる真っ青な空。

このコントラストがなんとも言えない。


都会の雑踏に流されつつも、

ふと空を見上げてみよう。

きっと癒されるようなすこしのゆとりが

心のどこかに生まれる。
シンガポールにて
[PR]
# by lexuoli | 2008-04-12 12:05 | まち

重たい雰囲気・・・

c0125087_18343114.jpg
この地の酒場。

男性だけの夜の集い場。

女性は外でお酒は飲まない。


この地は外であまりお酒が売っていない。

よって、街中のひとに買える場所があるかを訪ねる。

そこで広い通りから2つ、3つ曲がり角を曲がり

路地に入ったお店。


薄暗く生ぬるい雰囲気。

一人で入るには視線の置きどころが難しい。

皆の視線が突き刺さり痛かった。
コロンボ,スリランカ
[PR]
# by lexuoli | 2008-04-05 18:38 | まち

プーケットの夕日

c0125087_18341468.jpg

ひと気のない浜辺で

陽が落ちるのを待った。


この日の終わり

光り輝く太陽が、

この地に精一杯最後の光の恵みを与えてくれる。
プーケット,タイ

More
[PR]
# by lexuoli | 2008-03-30 18:36 | うみ

牛が闊歩する町・・・

c0125087_1814236.jpg
町中に牛が溢れる。

その排泄物だって道のあちこちにある。

この地では神にあたるから

それは当たり前なのだ。


狭い道を牛が歩いているときは、

どのように牛を追い越そうか戸惑ってしまう。



ビーチサンダルで街歩きは危険(笑)

カフェからの一枚。
バラナシ,インド
[PR]
# by lexuoli | 2008-03-15 18:16 | まち