カテゴリ:うみ( 9 )

奥深い夜更け・・・

c0125087_13545322.jpg
今日もスコールの匂いがする。

決まってゆるい風が肌に感じる。


一滴一滴と。

強い雨となることに対して、

合図をおくるそら。


すると、

人々の動きが速くなる。

早歩きになり、駆け足になる。


帰路を急ぐひと。

雨宿りをする場所を求めるひと。

こんな光景にも風情がある。
ベントタ,スリランカ
[PR]
by lexuoli | 2008-05-01 13:58 | うみ

プーケットの夕日

c0125087_18341468.jpg

ひと気のない浜辺で

陽が落ちるのを待った。


この日の終わり

光り輝く太陽が、

この地に精一杯最後の光の恵みを与えてくれる。
プーケット,タイ

More
[PR]
by lexuoli | 2008-03-30 18:36 | うみ

明日の一歩・・・

c0125087_128764.jpg
誰もが毎日足を踏み出す。


ベッドから踏み出す一日がある。

一日の始まりの一歩。

明日の一歩。

明後日の一歩。


一歩目の日常は皆おなじ。

ベッドの外。

その先は・・・。


自分より先にいってる一歩がある。

皆が止まってるうちに、

今日の終わりには一歩さきにいってる人がいる。


あるいはまだ皆が眠ってるうちに踏み出す一歩。

まだ自分が踏み出していない道を。

一歩前にいく。


その積み重ねは何歩さきになるのだろう。

その一歩先はいったい何を生み出すのであろう。
ベントタ,スリランカ
[PR]
by lexuoli | 2007-09-22 01:31 | うみ

曇より・・・

c0125087_0274424.jpg
空が雲につつまれていくと。

日もかげり、

一日があっけなく終わってしまう。


なるべくなら。

日を沈むまで見届けていたい。
ゴール,スリランカ
[PR]
by lexuoli | 2007-07-28 00:30 | うみ

蒼・・・

c0125087_063365.jpg
TUNAMIにあった町。

TUNAMIが押し寄せた海。


こんなに穏やかな海から。

どうやって人の何倍もの高さの波が押し寄せるのだろう。


地震の恐ろしさ。

自然の恐ろしさを感じたとき。
ゴール,スリランカ
[PR]
by lexuoli | 2007-06-30 00:11 | うみ

スコール前の・・・

c0125087_0414290.jpg
いかにも怪しい空。

間違いなくスコールがやってくるとわかる雲。


遥か彼方の明るい空とこの暗い空が

妙なコントラストをつくり出す。


スコールも嫌いじゃない。
コロンボ,スリランカ
[PR]
by lexuoli | 2007-06-12 00:44 | うみ

地球を照らす・・・

c0125087_1114317.jpg

約12時間まんべんなくこの地を照らす。

そして、

静かに過ぎ去っていく。

誰に何を言われようとも。

他の場所を照らしに行く。


これから365日。

いや10年、20年、さらにその先も。
プーケット,タイ
[PR]
by lexuoli | 2007-06-10 01:16 | うみ

誰もいない海で・・・

c0125087_0302028.jpg

ほんとに静かな海。

海岸通りの店もしまっていた。

日が暮れたら明かりがなくなるのは

明らかであった。

観光客は誰一人いない。


わたしは激しい頭痛に襲われながら、

夕日を望んでいた。

食欲とともに希望も薄らいでいく。

暗くなるのが怖いと思ったのはこのときが初めてであった。
プーケット,タイ
[PR]
by lexuoli | 2007-06-05 00:33 | うみ

風にふかれて・・・

c0125087_05347.jpg

やっぱり誰もが行きたい場所。

強い陽射しであっても。

湿気を含む風に吹かれても。

どこのそれも行楽地となる。


この後、ジェットスキーに挑戦していた。
ペナン,マレーシア
[PR]
by lexuoli | 2007-05-29 00:08 | うみ